耐水圧、透湿性など性能は低下する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

各社、しのぎを削って高性能な防水透湿性素材を使ったウェアを販売しています。

そして、代表的な性能指標である耐水圧と透湿性があります。

 

防水透湿素材の性能比較表(耐水圧,透湿性)

防水透湿性の素材 (メーカー名) 耐水圧 (mm) 透湿性(g/m^2/24hrs) JIS規格-透湿度試験方法
ゴアテックス (ゴアテックス社) 45,000 13,500 L-1099B-2
イーベント (英国BHA社) 30,000 20,000  L-1099B-1
ベルグテックEX (ミズノ) 32,640  16,000  L-1099B-1
ブリーズドライテック (モンベル) 25,000  15,000  L-1099B-1
ドライライトテック (モンベル) 22,000  12,000  L-1099B-1
スーパーハイドロブリーズ (モンベル) 20,000  15,000  L-1099B-1
ハイドロブリーズ (モンベル) 20,000  5,000  L-1099B-1
H2No (パタゴニア) 非公開  非公開
ハイベント-D (The North Face) 非公開 非公開
オムニテック (コロンビア) 20,000  20,000

※メーカーによっては、防水透湿素材の性能を公表していなかったりします。

このように、性能は非常に高い水準ですが、残念ながらこの性能は初期値です。

つまり、実際に野外で使用するたびに性能は低下していきます

親切なメーカーでは、

スーパーハイドロブリーズ(モンベル)の耐水圧は20,000mm(初期値) ⇒ 15,000mm(洗濯20回後)と性能の低下を明記しています。

この性能の低下は、他のメーカーの防水透湿性素材にも当てはまると思われます。

 

実使用で求められる耐水性は用途により異なると思いますが、

  • 体重75kgの人が座り込んだとき ⇒ 耐水圧に換算すると2,000mm
  • 体重75kgの人が膝をついたとき ⇒ 耐水圧に換算すると11,000mm

となります。

レインウェアは購入後に劣化により性能は低下していきますので、それを考慮して初期値で20000mm程度あればよいと思われます。

 

ホームセンターなどで販売されているレインウェアは初期値が10,000mm程度と低いため、使用を重ねるごとに水がしみてくるかもしれません。

ちょっとキャンプで使う、とか農作業でつかう程度ならそれでもよいと思いますが、登山のように水濡れが致命的になるような用途には、多少値段が高くても高性能な防水透湿性素材をつかったレインウェアを用意するのをおススメします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る