レインウェアのパンツのサイズ選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

市販されているレインウェアには、

  • ジャケットとパンツの上下セット
  • ジャケット、パンツが別売り

の2タイプあります。

 

上下セットのものは、価格が1万円程度と手ごろなものが多く、ジャケットとパンツが別売りのものは、上下あわせて購入すると価格が2万を超えるものが多いです。

ゴアテックスを使用したレインウェアなどは、上下あわせると3万円以上します。

 

上下セットよりも別売りの方が選択肢が広がります。

実際の使用頻度として、

ジャケット >>> パンツ

となります。

登山でもバイクでも自転車でも、風が寒い時や小雨が降ったときなどジャケットだけを着用する機会は非常に多いです。

逆に、パンツを着用するときは本当に雨が降ったとき・・・ということがほとんどなので、ジャケットほど出番が無いのが現実です。

 

ただ、登山やバイクツーリングやキャンプなど、アウトドア活動において雨の中でレインパンツを着ないと下半身がべちゃべちゃになってしまうので、使う頻度に関わらず準備したほうがいいです。

 

レインウェアのパンツのサイズ選びポイント

レインウェアのパンツ選びで非常に重要ポイントは2つあります。

  • レインパンツを履いたときにウエストに適度な余裕があること
  • レインパンツの履いたときに裾が床に付くくらい長いこと

アウトドアなどでレインパンツを着用するときは、上着をパンツの中に入れることが多いのでウエストに適度な余裕があるのが理想的です。

そして、非常に重要なのがパンツの丈です。

特に登山やバイクなどでレインパンツの丈が長い必要があります。

登山の場合は、膝の曲げることにより、パンツの裾が上がります。

rain_pants1.jpg

上の写真のように、キツイ傾斜を登るときにレインパンツの裾が大きく上がります。

その時に、登山靴のよりも裾が上に来ると登山靴の中に雨が入り込みます。

よって、レインウェアのパンツの丈は多少膝を曲げてもある程度靴を覆ってくれるような丈のサイズを選ぶことが非常に重要です。

 

とは言うものの、市販されているレインウェアのパンツは、ある程度長めに作られていますので、通常の体型の人はあまり気にしなくても良いでしょう。

モデル体型で足が長い、ジーパンの裾を切ったことがないという羨ましい体型の方は、パンツの丈選びには注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る