ゴアテックスの保障制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レインウェアに求められるあらゆる項目を非常に高水準を達成しているゴアテックスには保障制度があります。

以下、日本ゴア株式会社のホームページに書かれている保障制度の引用です。(引用元はこちら

すべてのGORE-TEX®プロダクト(製品)には、黒いタグが付いています。
これは、高機能素材GORE-TEX®ファブリクスが、厳しい品質基準によってつくられたものであることを保証するもの。「GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™」とは「ウェアの外側の水分が内側に入りカラダを濡らすことは決してないことを保証します」という意味です。

万が一、GORE-TEX®プロダクトの防水性や透湿性、防風性に問題があるときは、その状況に応じて交換、修理、返金などの対応をさせていただきます。
お買い上げいただいた販売店または弊社カスタマーサービスセンターへご相談ください。

 

カスタマーサービスセンター    フリーダイヤル  0120-015841
受付時間: 平日 9:00~12:00 13:00~17:00
(土・日・祝日及び年末年始、夏期休暇期間は、休ませていただきます。)

 

もし、ゴアテックスの商品を購入して問題があった場合は、メーカー(モンベル、ノースフェイス、パタゴニアなど)や日本ゴア株式会社のカスタマーサービスに問い合わせてみると良いでしょう。

漏水であれば、ちゃんと検査してくれるはずです。

 

私自身もゴアテックスの保障制度を検証するために、8年前に買った雨の日に使用すると漏水するラフ&ロードのゴアテックスのバイク用グローブを日本ゴア株式会社のカスタマーサービスに送ったことがあります。

日本ゴア株式会社の検査の結果は、「漏水あり。ただし、この漏水は使用年数が長いことが原因。とくにこちらで保障はしません。」という結果でした。

8年も使っていたのだから、そりゃそうだろうと思いました。

ただ、このグローブは買って数日後の雨の日にバイク乗っていたらすぐに水がしみて手が濡れた不良品でした。

それをずーっと我慢して使い続けていました。

その時は、「高いお金を出しても、すぐに水がしみてくるなんて、雑誌でもてはやされているゴアテックスって使えないな、ぜんぜんダメだな、もう買わない」と思っていました。

今にしてみれば、もっと早くにこの保障制度を知っていれば、速やかに交換や返金対応してくれたかもしれないと後悔しています。

 

ゴアテックスに限ったことではありませんが、「防水」をうたった商品を実際に使って漏水した場合は我慢せずに、すぐにメーカーに問い合わせるなり何か行動することをおススメします。

因みに、蒸れによる濡れか不良による漏水かの見分けは少し難しいですが、限られた部分のみべちゃべちゃになる場合は非常に漏水の可能性が高いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る