登山用、自転車用、バイク用の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レインウェア(雨具・レインスーツ)には登山用、自転車用、バイク用 などのさまざまな用途に合わせて作られています。

 

同じレインウェアといえども、そのつくりは微妙に違ってきます。

 

■登山用のレインウェアの特徴

・必ずフードが付いている。

・ポケットの位置が高い(ザックのヒップベルトと干渉しないようにするため)

・防水透湿性が高い

 

■自転車用のレインウェアの特徴

・レインウェアの前の丈が短い(ペダルをこぐときに邪魔にならないようにするため)

・パンツの前たて(ジッパー)がない

 

■バイク用のレインウェアの特徴

・ジッパーがフラップで隠されて直接ジッパーが外に露出しない

・パンツの前たて(ジッパー)がない

・風でばたつかないように、ウエストなどにベルトが付いている

 

というような特徴があります。

 

基本的にレインウェア(雨具・レインスーツ)を選ぶときは、目的に合ったものを選ぶのがベストです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る