防水透湿素材の性能比較(耐水圧,透湿性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アウトドアショップでは、1万円くらいのレインウェアも売られています。

性能を見ると、透湿性に関してはゴアテックスを上回る性能が書かれていたりします。

しかし、ゴアテックスとその他の防水透湿素材のJIS規格-透湿度試験方法が異なるため、数値が異なるようです。

 

防水透湿素材の性能比較表(耐水圧,透湿性)

防水透湿性の素材 (メーカー名) 耐水圧 (mm) 透湿性(g/m^2/24hrs) JIS規格-透湿度試験方法
ゴアテックス (ゴアテックス社) 45,000 13,500 L-1099B-2
イーベント (英国BHA社) 30,000 20,000  L-1099B-1
ベルグテックEX (ミズノ) 32,640  16,000  L-1099B-1
ブリーズドライテック (モンベル) 25,000  15,000  L-1099B-1
ドライライトテック (モンベル) 22,000  12,000  L-1099B-1
スーパーハイドロブリーズ (モンベル) 20,000  15,000  L-1099B-1
ハイドロブリーズ (モンベル) 20,000  5,000  L-1099B-1
H2No (パタゴニア) 非公開  非公開
ハイベント-D (The North Face) 非公開 非公開  
オムニテック (コロンビア) 20,000  20,000  

※メーカーによっては、防水透湿素材の性能を公表していなかったりします。

※性能が非公開だったり、公表していても透湿度試験方法が若干違うために、単純に比較できなかったりします。

 

結局のところ

時間余裕があればそれぞれのメーカーで作られているレインウェアの防水透湿素材を見てみてください。

価格の高いハイエンドモデルには、ほぼ100%でゴアテックスが使用されています。

結局のところ、耐水圧や透湿性や耐久性など、あらゆる性能においてゴアテックスが最高峰であるとメーカー自身が深く認識しているということでしょう。

⇒ ゴアテックスについて詳しく知りたい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る