透湿性の試験方法(JISL1099)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レインウェア・雨具・レインスーツ・レインコートの性能指標の1つとして透湿性があります。

多くの商品カタログにその透湿性の性能をあらわす数値(13,500 [g/m^24hrs] など)が書かれています。

その横に JIS L1099 B-1 とか JIS L1099 B-2 などと書かれていると思います。

 

 その数値は日本工業規格(JIS)の「繊維製品の透湿度試験方法」で規定された試験方法で測定された値です。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

■繊維製品の透湿度試験方法 を見る手順

このJIS検索ページにアクセス 

 ↓

JIS規格番号からJISを検索  に L1099  と入れて 一覧表示を押す

 ↓ 

表示された規格番号をクリック

 ↓  

表示されたPDFファイルをクリック

 

で見ることができます。

 

B-1法(酢酸カリウム法) と B-2法(酢酸カリウムの別法) の違いは非常にわかりにくいですが、

よ~く見比べてみるとB-2法(酢酸カリウムの別法)の操作に

透湿度測定用補助フィルムで試験片の裏側を 覆う」と書かれているのが違いです。

 

因みにこの透湿度測定用補助フィルムはゴアテックスと同じ素材です。(空孔率は違うと思いますが)

これにより、B-2法(酢酸カリウムの別法)は透湿を妨げるフィルムが追加されるので、B-1法(酢酸カリウム法) より測定結果が悪くなると思われます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る